平和橋
福祉移送サービス

オールフィールド合同会社
東京都葛飾区の介護福祉タクシー
国土交通省関東運輸局許可
関自旅二第1797号

はじめに <まずはお読みください>

平和橋福祉移送サービスのホームページをご覧頂き有り難う御座います。

当社は一般の介護福祉タクシーとは少々異なりますのでご面倒では御座いますが一読して頂けますと幸いでございます

私は現在、介護福祉士として障がいをお持ちの方の自立支援のサポートをする仕事をしており、その傍らタクシー事業を始めさせて頂きました。始めたきっかけですが、私は車やオートバイが大好きで福祉の仕事と組み合わせたら何が出来るだろうと考えたときに思い付いたのがタクシー事業でした。もう1つ大きな理由があるのですが、私は介助をするヘルパーという立場で利用者様と同乗し一緒に福祉タクシーを利用する機会が過去に何度もありました。

そこで当然目的地に着きお支払いになる訳ですが、福祉タクシーの場合、メーター料金以外に様々な名目で料金が加算される事が非常に多いかと思います。すべての業者様という訳では御座いませんが、私はここに非常に疑問を抱いておりました。

「介助者が同行(同乗)しているにも関わらず介助料金を取られてしまうのは何故だろうと」

通常、ドライバーがする事は、車椅子固定のフック取り付けやシートベルトをする事位ではないでしょうか。その場合、介助料を請求されるのはおかしくないだろうかと。中にはベット上からの依頼や乗車途中にトイレの介助などあるかも知れません。その様な時に初めて介助料と言うものが発生するべきだと思うのはヘルパーをしているからなのかも知れません。

そこで当社ではご希望の場所から場所までの移送だけをお願いしたい(特に介助の必要ない、もしくは介助者同行で不要な)お客様のみのご依頼を承っております。お客様のご自宅内からの出発や院内付き添い等、「車両での移送」以外の業務は行っておりませんのでご了承下さい。

健常者の方が気軽にタクシーを使うようにご利用頂きたいので基本メーター料金+迎車代のみとなっております。(介助料は一切頂きません。

最初はお付き合いのある利用者様だけに使って頂こうと始めたサービスですが、移送のみをして欲しい 「毎回特に何もして貰ってないのに介助料払うのはちょっと…」 「近場まで送って欲しいけど結果高くて気軽に使えない」といったお客様は他にもいるのではないかと思いまして、このホームページを開設致しました。

一般の福祉タクシー業者様のようなストレッチャーやリクライニング車椅子、吸引器や酸素等の設備は一切御座いませんので必要な場合は持ち込みにて同乗者様の御対応をお願い致しております。

最後になりますが、はじめに申し上げました通り普段ヘルパー業務をしながらの操業です。 外泊の介助も行っており、連日不在にする事も度々ありますので、急な依頼は対応出来ない事が多くご迷惑お掛け致しますことご容赦願います。


平和橋福祉移送サービス



>>ご予約はこちらから。

>>お問い合わせはこちらから。

ページのトップへ戻る